畳のほりごめ 仙台 - 一風変わった畳屋さん - 畳のほりごめさんの日記
カレンダー
前月2022年 6月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<今日>
メインメニュー
畳のほりごめ
株式会社 畳のほりごめ

事務所:
宮城県 仙台市青葉区
宮町1-4-28

電話 022-222-5705 
FAX 022-263-5904

工 場:
宮城県仙台市青葉区
上愛子字松原11-1


取り扱い業務
畳工事・畳製品の販売
襖・障子クロス・塗装など
内装工事一般
ネットワーク管理事業

WEB MASTER Tackmix
E-Mail takumi@horigome.co.jp





畳のことなら
(株)畳のほりごめ

置き畳の通販、畳修繕の見積はこちら

株式会社畳のほりごめトップページへ 畳のほりごめサイトマップ
宮城県仙台市青葉区宮町1-4-28
Tel 022-222-5705
TOP  >  新・社長のブログ  >  畳のほりごめ  >  社長のぼやき(^^;  >  一風変わった畳屋さん

畳のほりごめ さんの日記

[2009-3] 
 
2009
3月 17
(火)
11:20
一風変わった畳屋さん
カテゴリー  社長のぼやき(^^;
本文
昨日、ある雑誌記事広告の第一稿校が上がってきました。
残念ながらNGを出させて頂きました。

当社のイメージを広告にする時は、かなり手間がかかってしまいます。これは担当の方にはかなり大変な作業だと思います。
今までもNTT系の広告とか色々な方と打ち合わせしましたが、殆どの方が「畳屋さんって聞いていたので、ねじりはちまきの方だと思っていました」的な事を言います。
まぁ、今でもそういう畳屋さんは多いんでしょうし、仕方がないことなんです。

でも、当社でやっていることはもっと違ったアプローチのような気もします。
ここのブログにも書いていますけど、畳そのものを売り物としたくない、っていうこと。
下手すると、お客様のことを考えると畳ではないものまで提案するときがあります。
記事担当者にそんなところから話し始めて、どんなスタイルかを判ってもらおうとします。

でも、それだと担当者が、自分のイメージとの違いだけ印象が残ってしまって、肝心の「広告」っていう視点がなくなっちゃうときがあるんですね。

畳屋さんが畳を大事にしていて、一級品を扱っていることは自慢でも何でもないし、当たり前だと思っているんです。当然、当社だっていろいろと変わったことをしているかも知れないけれど、だからといって「畳そのもの」がおろそかだったり、質が悪かったりはしていません。
そこをクリアしなければ、本末転倒になってしまう。

ネット通販をやっている畳屋さんって、世間的には珍しいのかも知れないけれど、現実としては(最近では)当たり前だし、やっていない理由の方が判らない。
あ、やっていない畳屋さんを判らないって言うのではなくて、畳という製品でネット販売が出来ないと言う理由がないでしょ?っていうことです。

ライターさんには、ちょっと難しい要求をしたのかも知れませんが、僕としては当たり前のことです。
畳は、畳としての存在ではなくて、生活の中の一部として存在できなければ、いくら「畳的に優れているもの」でも不要なものですから。
閲覧(68820)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

Powered by TackmixWEB (c) 2000-2020 (株)畳のほりごめ
  お問い合わせは、左メニューの「お問い合わせ」フォームをお使い下さい。
株式会社畳のほりごめ

kanri