畳のほりごめ 仙台 - 会おうと思う営業担当 - 畳のほりごめさんの日記
サーバー移転中
現在サーバー移転中です。
表示に乱れがありますことをご了承ください。

畳・襖の工事のご依頼や、ご質問などは
左メニューの「お問い合わせ」からフォームをお使い頂けます。
カレンダー
前月2021年 6月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
<今日>
メインメニュー
畳のほりごめ
株式会社 畳のほりごめ

事務所:
宮城県 仙台市青葉区
宮町1-4-28

電話 022-222-5705 
FAX 022-263-5904

工 場:
宮城県仙台市青葉区
上愛子字松原11-1


取り扱い業務
畳工事・畳製品の販売
襖・障子クロス・塗装など
内装工事一般
ネットワーク管理事業

WEB MASTER Tackmix
E-Mail takumi@horigome.co.jp





畳のことなら
(株)畳のほりごめ

置き畳の通販、畳修繕の見積はこちら

株式会社畳のほりごめトップページへ 畳のほりごめサイトマップ
宮城県仙台市青葉区宮町1-4-28
Tel 022-222-5705
TOP  >  新・社長のブログ  >  畳のほりごめ  >  社長のぼやき(^^;  >  会おうと思う営業担当

畳のほりごめ さんの日記

 
2011
7月 15
(金)
15:30
会おうと思う営業担当
本文
飛び込み営業は特にそうなんですけど、ほとんど当たって砕けろなんですよね。
だいたい、売ろうと思っている物は、営業無しでは売れない商品ですよね?
というこは、たくさんの人にアプローチしなければ、「あ、ソレ欲しかったんだ」なんてならないですよね。

ところが、売ろうとする時って、このアプローチを間違っちゃう。
なんとか、粘って売ろうと思っちゃうんでしょうね。
もともと欲しくない人が、どんなに説明されても、欲しくならないです。

僕は、前のブログでも書いたんですけど、割と営業のアポの電話の話を良くききます。
それは、僕の情報収集だけでは不十分なことがたくさんあるし、気が付かなかったことを教えてもらえるかも知れないからなんです。

でも、大抵の営業アポは「お伺いして、お話しを・・・」ってはじめちゃう。
そんなの、無駄なだけです。
もっと単刀直入に、やれることを、提案する内容を話してください。
そして、そこに興味を持ったら、話が続くんじゃないかな?

だいたい、そういうとっかかりが出来ないところから「御社のホームページを見て・・・」なんて言われても、
「ああ、ここは最初のキャッチが出来ないんだな」と思うわけで、ホームページデザインの提案なんて聞くわけないです。

是非、営業の担当の方、単刀直入に提案してください。
電話であれば、きっかけの話は聞きますから。
閲覧(143013)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

Powered by TackmixWEB (c) 2000-2020 (株)畳のほりごめ
  お問い合わせは、左メニューの「お問い合わせ」フォームをお使い下さい。
株式会社畳のほりごめ

kanri