畳のほりごめ 仙台 - 仙台城見聞館 - 畳のほりごめさんの日記
サーバー移転中
現在サーバー移転中です。
表示に乱れがありますことをご了承ください。

畳・襖の工事のご依頼や、ご質問などは
左メニューの「お問い合わせ」からフォームをお使い頂けます。
カレンダー
前月2021年 7月翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<今日>
メインメニュー
畳のほりごめ
株式会社 畳のほりごめ

事務所:
宮城県 仙台市青葉区
宮町1-4-28

電話 022-222-5705 
FAX 022-263-5904

工 場:
宮城県仙台市青葉区
上愛子字松原11-1


取り扱い業務
畳工事・畳製品の販売
襖・障子クロス・塗装など
内装工事一般
ネットワーク管理事業

WEB MASTER Tackmix
E-Mail takumi@horigome.co.jp





畳のことなら
(株)畳のほりごめ

置き畳の通販、畳修繕の見積はこちら

株式会社畳のほりごめトップページへ 畳のほりごめサイトマップ
宮城県仙台市青葉区宮町1-4-28
Tel 022-222-5705
TOP  >  新・社長のブログ  >  畳のほりごめ  >  社長のぼやき(^^;  >  仙台城見聞館

畳のほりごめ さんの日記

 
2015
4月 6
(月)
16:44
仙台城見聞館
本文
仕事のブログが少なくなっちゃうのは、なかなか実写真を使えないっていうこともあります。
ですが、ここは写真撮影も出来たのでご紹介します。

仙台城見聞館がリニューアルされました。
仙台城は独眼竜政宗・伊達政宗の居城ですが、城そのものは残っておりません。
しかし、石垣などが綺麗に残っており本丸跡は仙台城跡として杜の都、仙台市内を一望出来る場所です。
その、本丸跡で仙台城の大広間の一部を復元して公開しています。

で・・・
そうです・・・
その、畳を当社で納めたのです。
大広間の一番奥、床の間の再現ですので、畳そのものは広間に使われている部分・・・ということになります。

伝えたものによると、初代の堀籠屋作兵衛が仙台に伊達藩お抱えの畳師として呼ばれ、数えること私で17代。
ほぼ400年を経て、ここに畳を納めることになるとは思いませんでした。
最後の最後まで、青畳にするかどうか迷ったのですが、史実はともかく全体の風合いはあっていたと思います。
もしお近くにお寄りの際は、冷やかしに覗いてあげて下さい。
閲覧(48312)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

Powered by TackmixWEB (c) 2000-2020 (株)畳のほりごめ
  お問い合わせは、左メニューの「お問い合わせ」フォームをお使い下さい。
株式会社畳のほりごめ

kanri