畳のほりごめトップ
畳のほりごめ 会社案内
畳製品のご案内
置き畳の通信販売
畳工事の見積書
畳関係のリンク
畳Q&A
畳の会議室

宮城県仙台市青葉区宮町1-4-28
Tel 022-222-5705
サイトメニュー
配信RSS・ブックマーク
モバイルサイトはこちら
Yahoo!モバイル
当社通販商品は、Yahoo!ショップ内でもご購入いただけます。
Yahoo!ショップモバイル
Yahoo!ショップモバイル

URLを携帯に送信する
畳のほりごめ

ショッピングシステムは
SSLセキュア暗号化
対応で安心です
お客様からの送信情報を守ります

セキュアサイトシール

株式会社 畳のほりごめ
代表取締役 堀籠琢巳

事務所:
宮城県 仙台市青葉区
宮町1-4-28
電話 022-222-5705 
FAX 022-263-5904

工 場:
宮城県仙台市青葉区
上愛子字松原11-1
畳のほりごめ
取り扱い業務
畳工事・畳製品の販売
襖・障子クロス・塗装など
内装工事一般

ネットワーク管理事業

WEB MASTER Tackmix
E-Mail takumi@horigome.co.jp

アクセスカウンタ
今日 : 7
昨日 : 50
今週 : 7
今月 : 1445
総計 : 1629777
Counter: 11634, today: 1, yesterday: 0
  • 基本的に、畳の形は五角形の物が多いです。

  • 畳はお部屋の形に合わせて作りますが、家や部屋は直線と直角で作られているわけではありません。
    もちろん、建築の現場では直線と直角を「目指して」作ってはいるのですが微妙に曲がってしまっているのです。この曲がりは、様々な理由が考えられますが、誤差が重なって大きくなってきている結果です。

  • 例えば、一般的な6帖間では、押入や扉の位置などから3尺(おおよそ90cm)間隔で柱が立てられることになります。ここで第1の誤差が出ます。次に壁が作られて、畳寄せが取り付けられます。これらが作られていくウチに一つ一つの誤差が重なっていき、柱の間隔での凸凹ができてしまいます。

  • 6畳間には壁に接していない畳が一枚ありますが、これは長方形です。しかし、周りの五枚の畳は、外側の2辺が必ず壁に接していますので、短辺側は3尺の直線、長辺側は3尺毎(つまり、辺の真ん中)に出入りが出ることとなり、1角となって5角形の畳となってしまいます。

  • これらの誤差は各部屋によって違いますし、当然基準の大きさも違ってしまいますので、集合住宅といえども、全ての部屋の畳の大きさ・形が違っています。例えば、101号室の北側和室と、真上にある201号室北側和室では、間取りは同じでも畳の大きさや形は違っているのが普通です。
    よって、一度部屋に合わせて作られた畳は、「その部屋のその位置にしか敷けない」ということになります。


トラックバック [ トラックバック(1) ]
トラックバック URL: https://www.horigome.co.jp/modules/pukiwiki/tb/253

リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
(メールでお知らせ頂ければうれしいです)

リンク先はできればトップページにお願いいたします。
https://www.horigome.co.jp/
バナーは以下の物をお使い下さい。
https://www.horigome.co.jp/img/thbana041.gif
畳のほりごめリンクバナー
(右クリックでダウンロードして使って頂けると助かります)
カレンダー
前月2018年 5月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
News News  
Q&A Q&A  
ブログ ブログ  
通販商品 通販商品  
その他 その他  
通販カテゴリー

Powered by TackmixWEB (c) 2000-2017 (株)畳のほりごめ
  お問い合わせは、左メニューの「お問い合わせ」をお使い下さい。
畳のことなら(株)畳のほりごめ