畳のほりごめトップ
畳のほりごめ 会社案E /></a></td>
      <td id=畳製品のご案E /></a><br />
      <a href=置き畳の通信販E /></a></td>
      <td id=畳工事の見積E /></A><br />
      <a href=畳関係のE鵐
畳Q&A
畳の会議室

宮E仙台市青葉区宮町1-4-28
Tel 022-222-5705
サイトメニュー
モバイルサイトはこちら
Yahoo!モバイル
当社通販商品は、Yahoo!ショップ内でもご購入いただけます。
Yahoo!ショップモバイル
Yahoo!ショップモバイル

URLを携帯に送信する
会社案内

畳のほりごめのショッピングシステムは
SSLセキュア暗号化
対応で安心です
お客様からの送信情報を守ります

株式会社 畳のほりごめ
代表取締役 堀籠琢巳

事務所:
宮城県仙台市青葉区
宮町1-4-28
電話 022-222-5705 
FAX 022-263-5904

工 場:
宮城県仙台市青葉区
上愛子字松原11-1
電話 022-392-2410
FAX 022-392-2410
畳のほりごめ
取り扱い業務
畳工事・畳製品の販売
襖・障子クロス・塗装など
内装工事一般

ネットワーク管理事業

WEB MASTER Tackmix
E-Mail takumi@horigome.co.jp

(株)畳のほりごめ

アクセスカウンタ
今日 : 16
昨日 : 35
今週 : 131
今月 : 623
総計 : 1634921
  • 畳のほりごめさんのエントリ配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

畳屋社長ブログ - テレビ取材

ヘッダーナビゲーション

テレビ取材2010/10/19 7:30 pm

急に決まったことだったのですが、今日テレビ取材をうけました。
ローカル番組ですが、ミヤギテレビのOH!バンデスの1コーナー。
「老舗の家宝」というコーナーで当社が紹介されることになりました。

ウチは、私で17代目になるので確かに老舗なのですが、脈々と受け継がれた「物」っていうのがあまりなくて困ったですよね。
例えば、畳屋さんだから、畳包丁とか、畳敷き針とかあればいいのですが、こういう道具は殆ど毎日使っていたので消耗品でしたし。
それと、ウチのスタンスもどちらかというと新しいものを積極的に取り入れていくタイプでしたので、受け継がれた道具とか無いんですよね。

そういう意味では、独自に守ってきたものは、畳そのものではないのかも知れません。
どちらかというと、お客様がどうしたいのか?っていう立場。
良き相談相手になりたかった。そのためには、自社製品の質には万全を期していなければならない。
そんなスタンスでしたね。

工場の機械化も早い時期でしたし、コンピューター導入も、ネット販売もかなり早かったです。
新しもの好きって言うわけではないのですが、会社的に言えば資金的には「道具がまだまだ高い頃に導入」しているのですよ。
これは割ときつかったですね。

だって、最初にコンピューターを導入したときは、パソコンのスペックがCPU 16MHZ メモリー256KB ですから。。。(^^;
そこに、20MBのハードディスクを繋いでいました。
ええ、単位を間違っている訳じゃないんですよ。
一太郎っていうワープロソフトが8万円したのかな?

でも、そんなことを思い出しながらいろいろ喋っていく中で、自分が「畳のほりごめ」で何をしようとしているのか?
っていうのが再確認できたような気がします。

さて、その「老舗の家宝」はなんだったでしょう?
放送は、今週の金曜日です。

このエントリーの情報

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリーの記録

カレンダー
前月2018年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
News News  
Q&A Q&A  
ブログ ブログ  
通販商品 通販商品  
その他 その他  
最新ブログエントリ
最近のブログのコメント
最近のトラックバック

Powered by TackmixWEB (c) 2000-2017 (株)畳のほりごE/strong>
  お問い合E擦蓮∈献瓮縫紂爾痢屬問い合E察廚鬚使い下さい。
畳のことなら(株)畳のほりごE Width=88 Height=31></A>

</td>
    </tr>
  </table>
</CENTER>



<script language=