畳のほりごめトップ
畳のほりごめ 会社案E /></a></td>
      <td id=畳製品のご案E /></a><br />
      <a href=置き畳の通信販E /></a></td>
      <td id=畳工事の見積E /></A><br />
      <a href=畳関係のE鵐
畳Q&A
畳の会議室

宮E仙台市青葉区宮町1-4-28
Tel 022-222-5705
サイトメニュー
モバイルサイトはこちら
Yahoo!モバイル
当社通販商品は、Yahoo!ショップ内でもご購入いただけます。
Yahoo!ショップモバイル
Yahoo!ショップモバイル

URLを携帯に送信する
会社案内

畳のほりごめのショッピングシステムは
SSLセキュア暗号化
対応で安心です
お客様からの送信情報を守ります

株式会社 畳のほりごめ
代表取締役 堀籠琢巳

事務所:
宮城県仙台市青葉区
宮町1-4-28
電話 022-222-5705 
FAX 022-263-5904

工 場:
宮城県仙台市青葉区
上愛子字松原11-1
電話 022-392-2410
FAX 022-392-2410
畳のほりごめ
取り扱い業務
畳工事・畳製品の販売
襖・障子クロス・塗装など
内装工事一般

ネットワーク管理事業

WEB MASTER Tackmix
E-Mail takumi@horigome.co.jp

(株)畳のほりごめ

アクセスカウンタ
今日 : 17
昨日 : 42
今週 : 59
今月 : 689
総計 : 1641113

畳屋社長ブログ - 最新エントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

社長のぼやき(^^; 震災後3週間経ちました 2011/04/02 8:00 pm

この度の震災に於きまして、被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
被災地の皆さまが一日も早く元の生活に戻れますようお祈り申し上げます。

また、当社宛にも、たくさんのお見舞いのお電話など頂きありがとうございました。
幸い、事務所・工場も被害はほとんどなく、私、そして家族、社員も無事です。

ホームページやメールのサーバーは、社内に置いてあるため、
地震直後に自動的にバックアップ電源に切り替わりましたが、
30分ほどでシャットダウン動作に入り、停電が解消され、ネットが安定するまで
しばらく不通になってしまいました。
ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

当社は、仙台市の中心部にありますが、まだガスが復旧しておりません。
ガソリンも段々と手にはいるようになってきており、ようやく日常が安定してまいりました。

未だに、不自由な生活を強いられている方達が、車で15分ぐらいの処にいらっしゃいます。
私、そして当社が出来ることは、その身近なところで、正常に機能して全力で当社の役割を果たすこと。
これを社員一同、心に誓っております。

残念ながら、資材の入手が困難な物もあり、また緊急の工事が多数入っておりますので、
なかなかすぐにお伺いできないことも多々あります。
順次お伺いいたしておりますので、今しばらくお待ち下さい。

このエントリーの情報

社長のぼやき(^^; 畳の中古引き取り 2011/03/04 4:30 pm

先日頂いたお電話・・・

「すみません、畳の中古を引き取って頂きたいのですが、いくらになりますか?」

私「基本的に新規の入れ替え作業の時だけになってしまいますが、大体1枚あたり1000円ほどです」

「もう少し高くなりませんか?あんまり使っていないんですよ」

私「?????」

つまり、この方は中古の畳を買い取って欲しいと言うことだったんですね。

残念ながら、どんなに新しい畳でも、中古を買い上げることはしないです。
というのは、畳は大きさや形など全部違っているので、「その部屋」の「その位置」で「その向き」じゃないと使えないのが普通なんですね。

Q&A > 畳の形は長方形ではないの?

Q&A > 畳の大きさって全部違うの?

もっとも、新畳入れ替えのキャンペーンのために、「中古畳買い取り」ってやっている場合もありますが、それはあくまでも「方便」です(^^;

畳表を交換すれば、もっと長く使えますから、ぜひ表替えで気持ちよく暮らしてください。

このエントリーの情報

社長のぼやき(^^; テレビ取材 2010/10/19 7:30 pm

急に決まったことだったのですが、今日テレビ取材をうけました。
ローカル番組ですが、ミヤギテレビのOH!バンデスの1コーナー。
「老舗の家宝」というコーナーで当社が紹介されることになりました。

ウチは、私で17代目になるので確かに老舗なのですが、脈々と受け継がれた「物」っていうのがあまりなくて困ったですよね。
例えば、畳屋さんだから、畳包丁とか、畳敷き針とかあればいいのですが、こういう道具は殆ど毎日使っていたので消耗品でしたし。
それと、ウチのスタンスもどちらかというと新しいものを積極的に取り入れていくタイプでしたので、受け継がれた道具とか無いんですよね。

そういう意味では、独自に守ってきたものは、畳そのものではないのかも知れません。
どちらかというと、お客様がどうしたいのか?っていう立場。
良き相談相手になりたかった。そのためには、自社製品の質には万全を期していなければならない。
そんなスタンスでしたね。

工場の機械化も早い時期でしたし、コンピューター導入も、ネット販売もかなり早かったです。
新しもの好きって言うわけではないのですが、会社的に言えば資金的には「道具がまだまだ高い頃に導入」しているのですよ。
これは割ときつかったですね。

だって、最初にコンピューターを導入したときは、パソコンのスペックがCPU 16MHZ メモリー256KB ですから。。。(^^;
そこに、20MBのハードディスクを繋いでいました。
ええ、単位を間違っている訳じゃないんですよ。
一太郎っていうワープロソフトが8万円したのかな?

でも、そんなことを思い出しながらいろいろ喋っていく中で、自分が「畳のほりごめ」で何をしようとしているのか?
っていうのが再確認できたような気がします。

さて、その「老舗の家宝」はなんだったでしょう?
放送は、今週の金曜日です。

このエントリーの情報

社長のぼやき(^^; カビの季節 2010/07/16 11:00 am

知り合いの畳屋さんからよく相談されます。
「この時期、カビのクレームが多くてね」
湿度が高い梅雨時は、新しい畳表にとってはカビの問題がついてまわります。

畳表が新しいうちは、い草に栄養分が閉じこめられていますから、そこにカビの胞子が付着して成長すると、カビとして目に見えてくるようになります。
つまり、空気中のカビの胞子はどうやっても防げませんから、成長させない対策が必要なのです。

くれぐれも勘違いしないで頂きたいのですが、畳からカビが出てくるわけではありません。
みかん箱の下の方にあったみかんにカビが生えたり、鏡餅にカビが生えたり・・・これらは、みかんや餅の中からカビが出てきているのではないですよね?
それと同じ事で、いくつかの条件が重なって、カビの胞子がそこに留まり成長してしまった状態のことを「カビが生えた」と言うのです。

ですから、このサイトでは「カビの発生」という言葉を殆ど使っていません。

まず、カビが成長してしまうにはいくつかの条件があります。
カビの成長は、いくら早くても目に見えるようになるまで数日かかります。
この間に、掃除機を全くかけていないのであれば、そのまま大きくなってしまうわけです。
毎日掃除しているお部屋にカビは見えてきません。

次に、その成長を遅らせる方法としては、湿度を下げるという方法があります。
よく晴れた湿度の低い日はには、窓を開けて換気をするようにしてください。でも、大抵カビの繁殖する季節は、湿度が高いんですよね。
その時は、エアコンの除湿機能を使ってみてください。

お出かけ前に、1時間のタイマーセットで除湿しても大分違ってくるはずですよ。

でも、どうしても長期間留守にしてしまうような場合はどうするか?
この時は、当社通販のカビ防止薬などの使用をご検討下さい。
また、畳替えの時に、い草ではないプラスチック系の畳表をつかうのもいいですね。

お困りの際は、是非ご相談下さい。

このエントリーの情報

社長のぼやき(^^; 畳表(いぐさ)の勉強 2010/02/11 2:00 pm

先日、東海機器工業の主催するセミナーに行って来ました。
セミナーというと固いですけど、勉強会という感じでしょうか?
http://www.tokai-kiki.co.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=1163

ここで、い草・畳表についての勉強をしたのですが、やっと核心を見つけた、といった話しもありました。
昔からの技術や手法は、経験に基づいて確立されているものも多く、割と理屈が知られていないものもたくさんあります。
例えば、畳表もそうなのですが、切り取った植物がいつまでも青いのはなぜか?
生きてはいないだろうけど、枯れてもいない。
そもそも、枯れているとはどういう状態なのか?

こういうことを知らずに、「畳表の変色」という事象が身近に起きているわけです。

このサイトでも、たくさんのQ&Aを書いていますが、いくつかは修正しなければならないでしょう。
いや、最新の情報って、そうやって保つものなんでしょうけどね。

このエントリーの情報

通販の商品 2010年WEBショップ初売り 2010/01/05 4:00 pm

「あ、そういえば・・・」という感じで
急遽決まったことなのですが(^^;

今年も、通販で人気の高い商品を
初売り価格で更にお安く販売いたします!
1月12日までの限定です。
2010年畳のほりごめ置き畳通販WEBショップ初売り

当日まで、いくつかの商品を追加するかも知れません(^^;

このエントリーの情報

社長のぼやき(^^; あけましておめでとうございます 2010/01/05 2:31 pm

あけましておめでとうございます。
本年も、WEBサイト、店舗共々よろしくおねがいいたします。

本日、事務所では社員の顔合わせ。
年始は明るい話題からいこうとは思っているんですが、
もう何年も厳しい話題から始まってしまいます。
世間の状況などを考えれば、
これは仕方のないことかも知れませんが、
逆に言うと、毎年こんな状況にもかかわらず、
毎年新年を迎えることが出来ている、というのは、
大変ありがたいことだとも思っております。
お客様から、生かされているのだなと感じると同時に、
今年もたくさんのお返しをしなければいけないなと考えます。
私だけではなく、社員一同心を新たにする日でした。

さて、画像は、昨日まで会社前に貼られていた「虎」の文字です。
当社会長(私の父です)がここ数年書いております。

このエントリーの情報

通販の商品 置き畳だけでは寒いかもしれませんよね? 2009/11/16 10:43 pm

通販ページに久々に新しいラインナップです。

もう、ずっと扱いたかった商品達です。

畳のほりごめ通販・こたつ・こたつ布団

置き畳を敷いたら、こたつ・こたつ布団でしょう?
ミカンをおいて、紅白を見る準備・・・って

そのうち、こたつ・こたつ布団・置き畳のセットにするかもしれません。
ここ数日、だいぶ寒くなってきたようで急にアクセスがのびてきています。
よろしくお願いいたします。

このエントリーの情報

社長のぼやき(^^; ほりごめ畳店って誰?(^^; 2009/10/26 7:51 pm

畳屋さんをやっているところで、ウチのような名前の付け方は珍しいんでしょうね。
大抵が「○○畳店」とかになっているみたいです。

なので「畳のほりごめ」っていう名前は、あまりきちんと覚えていただけないようです。
これって、あんまり良くないことなのかな?(^^;

で、このあいだも自動販売機のお釣りが出てこなかったので、管理会社に電話しました。
「お届けいたしますのでご住所を・・・」
なので普通に・・・
「仙台市〜〜 の 畳のほりごめ です」
「はい、畳のほりごめ様ですね。。。。」

で・・・届いた封筒には

「ほりごめ畳店 ほりごめ様」

うーーーーん・・・

まぁ、届けてくれる郵便屋さんは褒めますが・・・ね。

このエントリーの情報

社長のぼやき(^^; 営業の電話 2009/10/13 10:19 am

会社をやっていると、いろいろな営業の電話がかかってきます。

それこそ、電話料金の・・・とか、保険が・・・とか、中古車が・・・とか。
まぁ怪しい系統のものは、とっとと切るのですが、割と話を聞く方だと思っています。

というのは、結局自分でどれだけ調べても、最新の情報やら、特売情報などは判らないからなんですね。

だから、内容を単刀直入に言ってもらえるとありがたいです。
無理に僕(社長)に替わってもらって話したとしても、それは目的が違うでしょ?
会ったところで、無駄な時間になるだけ。
しかも「お互いに」です。

今日も電話があったのですが、これは「畳表」の営業。
こればっかりは、電話だけで注文する気には絶対にならないですね。
価格だけなら、どうにでもなりますから、やはり質と価格の両方を見ないと買えません。

そして、こういう人と話していると、他の畳屋さんに対してどう話しているのかが判っておもしろいですね。
もうちょっと、買う側のポイントを押さえないと・・・

何を買おうとしているのか?
僕らも勉強になることが多いです。

このエントリーの情報

社長のぼやき(^^; サーバーの仕様変更 2009/08/28 10:46 pm

うちのWEBサイトは、レンタルサーバーを使っていません。
以前にも書いたのですが、置き畳などの販売をインターネット上でやっている関係上、セキュリティを厳しくしているからです。

確かにSSL等を使えば、かなり安全ではあるのですが、結局はそのデータを自分のところに持ってくるためには暗号化されていてもネットを使うわけです。
通信は暗号化されてもデータはそのまま他人のサーバーにあるわけです。
これが嫌だったんですね。

ですので、会社内にサーバーをおいています。
ただ、WEB製作などはものすごく楽になりましたが、メンテナンスは結構大変です。

今回も、サーバーの仕様を一部変更いたしました。
もしかすると、表示されなかったり、思うように画面推移しない部分があるかも知れません。
その際は是非お知らせ下さい。
皆様にはご迷惑をおかけするかも知れませんが、安全なショップを目指しているからですので、ご了承下さい。

このエントリーの情報

社長のぼやき(^^; 3150円の畳替え 2009/07/14 1:41 pm

最近、こちらのブログはかなりサボり気味になっています。
なので、たまのエントリーですから、ちょっと濃い話を。

ウチでもチラシを配っていますので、競合チラシには気をつかっています。
そうすると、現在の畳替えの最低価格は3150円(税込)のようですね。
ウチの場合は、空き家用と言うことで4700円(税込)からとしています。

「ああ、畳のほりごめは高いんだな」と思われる場合もあると思います。
じゃあ、うちでは3150円の畳替えはできないのか?
実は、そんなことはないんですね。
現実に、まぁこれは受注量の問題もあるんですが、県や市の建物の仕事での契約は、割と低い値段だったりしますし、施設や賃貸の契約物は安かったりします。

ただし、一般の入居中の住宅でそれでいいのか?といった勝手な考えがあります。
一口に畳替えといっても、その素材や工法によって値段は大きく違います。チラシにのせているものでも、前述のように最低は4,700円で、最高は22,000円です。
それだけ質や見栄えに違いがあるんです。
なので、3150円の畳を扱っていないというよりは、お薦めしていないだけです。

例えば、コーヒーを例に取りますと、豆をひいて入れるコーヒーから、インスタントコーヒー、缶コーヒー、様々な「コーヒー」があります。
お寿司でも、スーパーのお寿司から、職人さんに握ってもらうカウンターで食べるお寿司、回転寿司など。
おそらく、この「コーヒー」や「お寿司」ってみなさん言い分けている、使い分けているのではないでしょうか?

3,150円の畳を扱わないから、ウチの畳は高い、と思われてしまうのなら、それは本意ではないです。
まぁ、勝手に高い商品を押しつけてしまっているのかも知れませんが
もし3,150円の畳を希望していて、その他社での見積が予想より高かくなってしまった場合、是非一度ウチにもお声掛け下さい。
おそらく、ウチの畳が高くないとご理解いただけるはずですから。

このエントリーの情報

社長のぼやき(^^; イグサの抗菌作用 2009/05/25 2:58 pm

ウチにあるビデオ(というか、正確にはHDD番組録画機)には便利な機能が付いていて、配信される番組表の内容のキーワードで勝手に録画してくれるんです。
当然「畳」というキーワードも登録されているのですが、
先日島田紳助の司会の法律番組が録画されていました。

どんな内容かと思って見たところ、あるお笑いコンビの片方が、畳のイグサには抗菌作用があるので、脱いだ靴下を畳の上に置いている。。。。と。
そして、それをみていた業界関係者が「畳を話題にしてくれてありがとう」と感謝状を贈った。。。と。

これ、かなり誤解を生みますね。

「抗菌作用がある畳が何故カビるのか?」

イグサの抗菌作用は、北九州市立大学の助教授/農学博士の森田洋先生が発表しているのですが、かいつまむと
「o157や食中毒細菌のサルモネラ菌や、黄色ブドウ球菌などの培養実験では抗菌性が認められたというものの、一部の腐敗細菌や酵母、カビに対しては抗菌性は認められなかった」というものです。
靴下に対しての効果はどうなのか判りませんが「抗菌性があるので・・・」と言い切るには少々乱暴です。

しかし、万能薬はありません。
適材適所に使う分には、非常に効果があるのかも知れません。

これから、カビの季節になりますが、畳の抗菌性でカビを押さえることは出来ません。
当社では、プラスチック系の畳表や和紙系の畳表、さらに畳の防カビ剤の販売もしておりますのでお気軽にご相談下さい。

このエントリーの情報

社長のぼやき(^^; 雑誌掲載 2009/04/03 4:27 pm

前回のブログに書いた雑誌の記事ですが、先月末に発刊されました。

写真付きで掲載されているんですが、銀行とかにもおいてある場合があるんです。
それで、たまたまそれを読んでいる人がいる・・・

窓口で「畳のほりごめさん〜」と呼ばれたりするんですよ。
すると、全く同じ格好で居るわけですから、いわゆる「二度見」って言う状態に。。。(^^;

これは、ある意味で貴重な体験でした。

このエントリーの情報

社長のぼやき(^^; 一風変わった畳屋さん 2009/03/17 11:20 am

昨日、ある雑誌記事広告の第一稿校が上がってきました。
残念ながらNGを出させて頂きました。

当社のイメージを広告にする時は、かなり手間がかかってしまいます。これは担当の方にはかなり大変な作業だと思います。
今までもNTT系の広告とか色々な方と打ち合わせしましたが、殆どの方が「畳屋さんって聞いていたので、ねじりはちまきの方だと思っていました」的な事を言います。
まぁ、今でもそういう畳屋さんは多いんでしょうし、仕方がないことなんです。

でも、当社でやっていることはもっと違ったアプローチのような気もします。
ここのブログにも書いていますけど、畳そのものを売り物としたくない、っていうこと。
下手すると、お客様のことを考えると畳ではないものまで提案するときがあります。
記事担当者にそんなところから話し始めて、どんなスタイルかを判ってもらおうとします。

でも、それだと担当者が、自分のイメージとの違いだけ印象が残ってしまって、肝心の「広告」っていう視点がなくなっちゃうときがあるんですね。

畳屋さんが畳を大事にしていて、一級品を扱っていることは自慢でも何でもないし、当たり前だと思っているんです。当然、当社だっていろいろと変わったことをしているかも知れないけれど、だからといって「畳そのもの」がおろそかだったり、質が悪かったりはしていません。
そこをクリアしなければ、本末転倒になってしまう。

ネット通販をやっている畳屋さんって、世間的には珍しいのかも知れないけれど、現実としては(最近では)当たり前だし、やっていない理由の方が判らない。
あ、やっていない畳屋さんを判らないって言うのではなくて、畳という製品でネット販売が出来ないと言う理由がないでしょ?っていうことです。

ライターさんには、ちょっと難しい要求をしたのかも知れませんが、僕としては当たり前のことです。
畳は、畳としての存在ではなくて、生活の中の一部として存在できなければ、いくら「畳的に優れているもの」でも不要なものですから。

このエントリーの情報

ページナビゲーション

« 1 (2) 3 4 5 ... 10 »

カレンダー
前月2018年 12月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
News News  
Q&A Q&A  
ブログ ブログ  
通販商品 通販商品  
その他 その他  
最新ブログエントリ
最近のブログのコメント
最近のトラックバック

Powered by TackmixWEB (c) 2000-2017 (株)畳のほりごE/strong>
  お問い合E擦蓮∈献瓮縫紂爾痢屬問い合E察廚鬚使い下さい。
畳のことなら(株)畳のほりごE Width=88 Height=31></A>

</td>
    </tr>
  </table>
</CENTER>



<script language=