畳のほりごめ 仙台 - Q&A・用語集 : 概要 [JIS・JAS・畳工事仕様/JAS等級]
サーバー移転中
現在サーバー移転中です。
表示に乱れがありますことをご了承ください。

畳・襖の工事のご依頼や、ご質問などは
左メニューの「お問い合わせ」からフォームをお使い頂けます。
カレンダー
前月2021年 4月翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<今日>
メインメニュー
畳のほりごめ
株式会社 畳のほりごめ

事務所:
宮城県 仙台市青葉区
宮町1-4-28

電話 022-222-5705 
FAX 022-263-5904

工 場:
宮城県仙台市青葉区
上愛子字松原11-1


取り扱い業務
畳工事・畳製品の販売
襖・障子クロス・塗装など
内装工事一般
ネットワーク管理事業

WEB MASTER Tackmix
E-Mail takumi@horigome.co.jp





畳のことなら
(株)畳のほりごめ

置き畳の通販、畳修繕の見積はこちら

株式会社畳のほりごめトップページへ 畳のほりごめサイトマップ
宮城県仙台市青葉区宮町1-4-28
Tel 022-222-5705

概要 anchor.png

畳表には日本農林水産規格(JASジャス)があり、検査を受けた畳表は等級を表示することができる。

Page Top

内容 anchor.png

Page Top

適用範囲 anchor.png

  • 第1条
    この規格は、畳表着色表示及び青を除く。)のうち1種表、2種表及び3種表に適用する。
Page Top

定義 anchor.png

  • 第2条
    この規格において、次の表の左欄に揚げる用語の定義は、それぞれ同表の右欄に揚げるとおりとする。
用語定義
畳表いぐさを緯として、糸を経として製織したもの(上敷及びござの類を除く。)をいう。
着色表着色剤による着色(色を定着させるための樹脂加工を含む。以下同じ。)をしたいぐさを製織した畳表及び畳表であって着色剤による着色をしたものをいう。
青表七島いを緯として製織した畳表をいう。
長物連続的に製織した畳表であって、1分に相当するものとしての区切り加工を施していないものをいう。
側から側までの長さ(小目の部分を含め、耳毛の部分を除く)をいう。
長さ端から端までの長さをいう。
小目両端の目せき織り(1本糸で幅狭く織ることをいう)した部分をいう。
耳毛製織されたいぐさの根元又は先端が小目から出ている部分をいう。
通織りいぐさの織り幅を十分に引き通るように製織することをいう。
耳糸小目がほぐれないように耳毛の基部に施した経て糸(遊び糸)をいう。
  • この規格において、1種2種及び3種表とは幅、長さ、たて糸(耳糸を除く。以下同じ)の数、
    たて糸の種類、織り方及び耳毛の長さがそれぞれ、次の表の規定に適合する畳表長物を除く)をいう。
種類幅 単位:cm長さ 単位:cmたて糸の数 単位:本たて糸の種類織り方耳毛の長さ 単位:cm
1種表95.0(+)0.5205以上134(44以下)麻糸叉は綿糸通織りとしたもの7(±)2.0
2種表91.0(+)0.5196以上128(42以下)同上同上同上
3種表89.0(+)1.0191以上126(42以下)同上同上同上
    • たて糸の種類は、麻糸との併用により合成繊維も可能
    • たて糸の数の()内は、合成繊維の数
Page Top

規格 anchor.png

  • 1種表、2種表及び3種表の特等(たて糸が麻糸のもの・麻糸及び合成繊維糸を併用したものを含む)、1等、2等、又は3等(たて糸が綿糸に限るもの)の品質の基準は、それぞれ次のとおりとする。
  • 1種表、2種表及び3種表で、前項に規定する規格に該当しないものは、等外とする。
種類等級麻糸のもの重さ(単位kg)綿糸のもの重さ(単位kg)水分
1種表特等2.00以上13%以下
1等1.85以上1.75以上同上
2等1.70以上1.60以上同上
3等1.45以上同上
2種表特等1.85以上同上
1等1.70以上1.60以上同上
2等1.55以上1.45以上同上
3等1.30以上同上
3種表特等1.80以上同上
1等1.65以上1.55以上同上
2等1.50以上1.40以上同上
3等1.25以上同上
    • 水分の測定は、畳表迅速水分計(電気抵抗式)による。
    • 重さの基準は、1種表にあっては長さ205cm、2種表にあっては長さ196cm、3種表にあっては長さ191cmのものに相当する基準とする。
Page Top

品位 anchor.png

  • 特等にあっては次の基準を適合すること。
    • 固有の色沢及び優良な色調を有するものであり、色段及び変色いの混入がなく、かつ、粒ぞろいが特によいこと。
    • 地合いが特に密で、糸切れ、片ざしその他の織り傷がないこと。
    • 仕上げが優良であり、かつ、汚れその他の欠点がなく、容易にほつれないように端止めしてあること。
  • 1等にあっては次の基準に適合すること。
    • 固有の色沢及び良好な色調を有するものであり、色段及び変色いの混入がなく、かつ、粒ぞろいがよいこと。
    • 地合いが密で、糸切れ、片ざしその他の織り傷がないこと。
    • 仕上げが良好であり、かつ、汚れその他の欠点がなく、容易にほつれないように端止めしてあること。
  • 2等にあっては次の基準に適合すること。
    • 固有の色沢を有するものであり、かつ、色段及び変色いの混入がほとんどないこと。
    • 地合いが密で、糸切れ、片ざしその他の織り傷がないこと。
    • 仕上げがおおむね良好であり、かつ、汚れその他の欠点がほとんどなく、容易にほつれないように端止めしてあること。
  • 3等にあっては、次の基準に適合すること。
    • おおむね固有の色沢を有するものであり、かつ、色段及び変色いの混入が目立たないこと。
    • 地合いがおおむね密で、糸切れ、片ざしその他の織り傷がないこと。
    • 仕上げがおおむね良好であり、かつ、汚れその他の欠点が目立たず、容易にほつれないように端止めしてあること。

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 22008, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2007-07-10 (Tue) 12:05:08
Last-modified: 2007-07-10 (Tue) 12:05:08 (JST) (5027d) by ゲスト

Powered by TackmixWEB (c) 2000-2020 (株)畳のほりごめ
  お問い合わせは、左メニューの「お問い合わせ」フォームをお使い下さい。
株式会社畳のほりごめ

kanri